FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
荒川区役所が利権団体に個人情報を漏洩
きち@石根さん


単なる利権団体である部落解放同盟に対して、「こんな差別行動をとる者がいた」という事例の報告に留まらずその者の個人情報を伝え、その結果つるし上げられたのです。役所に聞くと、「部落解放同盟はこうした差別行動の被害者だからそうした情報も連絡した」と言っていましたが、これはとてつもなく恐ろしいことです。
確認会・糾弾会といわれる吊るし上げ




法務省通達や総務庁地域改善対策協議会の報告で否定されています。

つまり、違法なわけです。



それをいまだに行っているのです。



ようは、役所がそこで啓蒙出版物提供なり、その場で啓蒙すれば済む話。



それを、役所が解放同盟にチクルわけです。地獄行きです。

こうして同和利権が生まれるわけです。



この不動産会社の店長も阿呆でありますが

これを糾弾会にまで発展させた区役所は、



区民の人権、センシティブに関わる個人の情報、



これらをなんと考えているのでしょう。



しかも、窓口啓蒙で済む問題を大々的な差別事件とする解放同盟。



人権擁護法案なんぞが成立すると、

どのように運用されるか目に見えます。



clap

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/08/30 03:20 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<警官発砲で死亡の中国人遺族が県を提訴 | ホーム | 朝日新聞関係者による殺人事件に関して、朝日新聞に電話しました >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/83-cacb7329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |