FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
【台湾】天皇陛下にも献上されたという「天皇米」こと「吉野一号」の復活を目指す動き
今日の韓流通信 Act.Ⅲさん


『天皇陛下』ではなく、『天皇』なのが少しだけ気に入りませんが、台湾なのでまあ大目に見ましょう。
どこぞの『日王』よりよっぽどマシですから。

それと、パッケージに書くのは『天皇陛下御用達』の方がいいと思うぞ?


歴史的な根源は幾久しく、日本統治時代に今の吉安郷稲香村の吉野庄でもっぱら生産され、しかも日本の天皇に謙譲されていたものだ。
そのお米が未だに台灣で生産されていた事にビックリです。



潘昶儒は、「天皇米」の栽培を続けるために、吉安郷農民協会が特別に契約栽培を行うといい、さらに、現在わずか5haしかなくしかも他の品種に囲まれ交雑化リスクがある中、吉野一号の純系繁殖田を設けて、栽培管理、肥料、病害虫の防除などの管理技術も農民の協力を受け続けることによって、米の品質を高め生産リスクを低減させて、「天皇米」の生産を永続させようとしている。
加油!!
何も出ないけど応援だけはするよ。
あ、某軍曹が農業指導に行けばいいんだ。



やっぱり台灣はイイ!!
clap

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/08/28 02:52 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<朝日新聞関係者による殺人事件に関して、朝日新聞に電話しました | ホーム | 臓器狩りは、オリンピック精神に背くもの>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/81-3fef0119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |