FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
臓器狩りは、オリンピック精神に背くもの
大紀元

「血まみれの臓器摘出」をテーマに、中国当局による臓器狩りの証拠を説明、この行為は、オリンピック精神に明らかに違反していると指摘、

「2008年北京オリンピックを招致するために、中国当局は数千万元を費やし、世界有名の広報活動の顧問を雇い、関係者を訓練し、正真正銘のプロの詐欺師に鍛え上げた。彼らは、いかに有効に異なる国々のオリンピック委員会の委員を騙す術を学び、賛成票を騙し取り、さらに2001年に中国の人権状況を改善すると承諾した。不幸なことに、中国の人権状況は改善されていない。むしろ、人権侵害がさらに残酷かつ隠ぺいになった。過去に装甲車と機関銃で大学生を虐殺行為の代わりに、いま、中国当局は、秘密収容所で生きた法輪功学習者の臓器を強制摘出している」と述べ、「我々はオリンピック精神を守らなくては成らない。人道を背ける犯罪が大規模に毎日進行している都市で、オリンピックを開催するのを阻止しなくてはならない。我々はオリンピック精神を守りたいだが、オリンピックへの恥はいらない」と強調した。




HemoSTATIONさん

中国共産党による臓器狩り問題まとめ
clap

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/08/28 02:11 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【台湾】天皇陛下にも献上されたという「天皇米」こと「吉野一号」の復活を目指す動き | ホーム | 命がけで食え!部落解放同盟幹部経営の焼肉店の珍味、「こめかみ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/80-a1fe79f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |