FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
政治のプロといふ者!!!!!
南国Philosophyさん
http://blogs.yahoo.co.jp/minamisima_tonbo/22067177.html

『外貨準備:政府が米金融2社救済案 08年8月に支援検討』
http://mainichi.jp/select/today/news/20091006k0000m020130000c.html


『9月1日の福田康夫内閣の退陣表明で政府が機能不全に陥ったため、実現しなかったという。』

福田「韓国経済ははいずれ、それもここ1,2年以内に破綻するだろう」
部下「えっ!?まさかんそんなご冗談でしょう」
福田「いや、事実だ、必ず1、2年以内にファンドによる猛攻を耐えられずに破綻する」
部下「で、でしたら我が国はいったいどうすれば」
福田「これは・・チャンスなんだよ・・やっと巡って来たチャンスなんだ・・」
部下「チャンス・・ですか・・・しかし我が国へ介入要請をしてそれで終わるのでは?」
福田「そうだ、残念だが今の日本政府は介入要請があったら断れない、
   IMFを無視して介入すらありうる、だがそれはあの韓国の息の根を止める
   チャンスを逃すということ・・・・」
部下「では何故そのような時に総理になろうと・・・?」
福田「・・・ではその介入要請の時に総理が辞任していたらどうなるかね?」
部下「・・・?・・・ハッ・・!総理不在で・・まさかそんな・・
   しかしそれでは総理、総理は・・・」
福田「なぁに、嫌われるのには慣れている、それにこれは誰かがやらねばならない事なんだよ」


☆これは有名な話ですよねw
流れを見てると本当に近いです。馬鹿にしていた方!反省を!!!!!w

『米リーマン・ブラザーズが破綻し、結局、金融危機の深刻化は防げなかった。』
ほとんどの従業員をガリバ-君が拾いましたが 唯一拾わなかった場所があります
その裏模様をマスコミさん上のほう達は知っているのでは?
従って 自民攻撃をしていたのではないかと…

故中川氏もいきなりIMFで他の国から個別の援助を実質的に断る IMFへの貸付で GJをしましたしかしそれは日本にとってであり
そして組長の選挙時期引き延ばし作戦。
もう一つ実質政治からのサポ-トが執行停止するような おざわんの作戦…
おざわんも「なぁに、嫌われるのには慣れている、それにこれは誰かがやらねばならない事なんだよ」と思っていたとしたら…

何か繋がっていると思いませんか?
なんか三文芝居をしているようなのは 気のせいか?


丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2さん
http://nihon9999.blog77.fc2.com/blog-entry-2781.html

康夫ちゃんを悪く言っちゃらめえ。

康夫ちゃんは、国士だったんだよ。
あのとき、まだリーマンが破綻になる前で、アメリカからリーマンを助けるために
米国債購入経由で公的資金投入の資金よこせってゆすられてたの。

渡辺みっちーのバカ息子が「じゃあ100兆円用意しますね」って準備を進めてたの
それに気付いた康夫ちゃんは、内閣改造して渡辺の首を切ってうやむやにしたの。

でも、アメリカはしつこくて許してくれなかったの。
そこで最後の手段、靖男ちゃんの自爆攻撃を敢行したの。
退陣して総裁選、となると、時間稼ぎできるでしょ。そうやってタイムリミットをやりすごしたの。
これは早すぎても遅すぎてもダメなの。
(だから、松子と重なってもしょうがないの。でも、あともう2時間後にやってほしかったけど。。。。)

で、アメリカは日本をゆすることをあきらめたの。
で、向かった先が韓国。韓国が俺が面倒見る二ダって手を上げて、
だから再建関係の環境を浴するのに協力する二ダってアメリカに持ちかけたの。
アメリカは協力したの。おかげで韓国は破産を免れたんだけど、リーマンを無視したの。
アメリカに嘘ついたのね。日本にいつもやってるから、世界にも通用すると思っちゃったのね。

で、ここから世界恐慌が始まったの。
はげたかさんもどんどん集まってきたの。でも自業自得なの。

・・・まあ、そんなわけで、康夫ちゃんは、日本の金庫からアメリカが100兆円を盗もうとしたのを
自分を犠牲にして守ったの。だから国士なの。

だから、悪く言っちゃだめなの。



ねずきちの ひとりごとさん
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-651.html

【バチカン神父が見た“あの日”の大臣】
 バチカン放送局 神父 和田誠                  
 
私は今、日本から送られてくる報道に、大きな戸惑いと、深い悲しみを抱いています。

私自身も関わった中川前大臣の博物館見学が、何故あのように、事実と異なる形で報じられるのでしょうか。

私は見学の間中、通訳として中川前大臣の最もお側近くにおりましたが、報道のような非常識な行為を、見た記憶はありません。

また、中川前大臣はあの時、酔っているご様子には見えませんでした。
私はアルコールを一滴も受けつけませんので、その臭いには敏感です。
しかし中川前大臣からは、お酒の臭いはしませんでした


以下、日本の報道のどこが事実と異なっているか、ご説明したいと思います。

今回の問題を最初に報道した朝日新聞に、こう書かれています。

《(バチカン博物館に)到着時から中川氏の足取りはフラフラとおぼつかなく、言葉もはっきりしなかったという。
案内役の説明を聞かずに歩き回ったほか、入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、
触ってはいけない展示品を素手で数回触ったりした。そのために警備室の警報が少なくとも一回なったという》


足取りがふらふらしていたかは、見る人の主観によるものでしょう。
しかし言葉がはっきりしなかったとは、いったい誰が言っているのでしょうか。
見学の間中、中川前大臣とお話したのは通訳であった私です。中川前大臣の言葉は、非常にはっきりしておりました。

「案内役の説明を聞かずに歩き回った・・・」というのも、おかしな話です。
案内役とはイタリア人ガイドの事でしょうが、彼女のイタリア語の説明を中川前大臣が聞けるはずがありません。

中川前大臣は、私の通訳を聞いていたのです。
私が通訳をしている間は、もちろん歩き回りなどしませんでしたし、非常に熱心に耳を傾けておられました。

「入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、触ってはいけない展示品を素手で数回触ったりした」というのも、私には大いに疑問です。
少なくとも私は、明らかに非常識とされる場面は目撃しませんでした。

一つだけ心当たりがあるとすれば、朝日新聞の記事に出てくる次のような指摘です。

《バチカン博物館でも特に有名な、「八角形の中庭」の「ラオコーン」像を見学した際には、観光客が近づき過ぎないようにするための高さ三十センチのさくを乗り越えて石像の台座に座るなど、非常識な行動をとったという》

この時の様子は、私も覚えています。
さくというのは誤りで、実際はロープでしたが、中川前大臣がラオコーン像に見入るあまり、ロープを越えて近づいたのは確かです。
このため、そばにいた警備員がイタリア人ガイドに一言二言注意しましたが、
中川前大臣はすぐ戻ったため、特に問題にはなりませんでした。
「石像の台座に触る」こともしていません。

記事が指摘するような「非常識な行動をとった」とは、私を含め周囲の誰も思わなかったことだけは、述べておきたいと思います。




朝日新聞の報道ののち、私は日本の新聞社、通信社、テレビ局から取材を受け、事実かどうかと聞かれました。

そこで、中川前大臣の行動に非常識な点はなかったと繰り返しご説明したのですが私の発言は一行も報じられませんでした。

正論2009年5月号 P100~101

財務省「中川財務大臣、白川日本銀行総裁共同記者会見の概要」
http://www.mof.go.jp/kaiken/my20090214.htm


Youtubeにアップされていた「中川大臣 酒酔G7会見 ノーカット18分」という動画は、なぜかいま“利用規約に違反しているため削除されました”となっています。

現在、YouTubeで観れる記者会見の模様は、大臣がちょうど酩酊状態になっているその瞬間のものだけになっている。

会見の全編は、ニコニコ動画でも観れない!

・・・・これはいったいなぜ!

clap
 有名だったのですか・・・・・・・・・・
知らなかったですkao04

 馬鹿にした事はありませんが、嫌っていました・・・・・・・
反省します。kao02

 世界には左右色々な考えを持つ国があるのだから
どちらか一方の考えだけでは渡れない、と云う様な言葉をどこかで読んだ事思い出しました。

 福田さん・・・・・・・・・・・・・・・やはり好きになる事はまだ出来そうにありませんが
嫌いにはならないように努力しようかと思いました。kao02

 私の探し方が悪いのかと思いますが
あの報道がされていた頃探したのですがG7動画見つからなかったのですよね~・・・・・・kao02

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2009/10/08 04:53 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ブログとメディアと | ホーム | 煙幕!!!!! >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/488-edf40745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |