FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
インチキで分かった“外国人部隊”偏重の危うさ
読売ウイークリー
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw08051101.htm

入社2年で「中国の窓口」

 野村の企業情報部とは、「日本で最もM&A情報が集中する場所」(市場関係者)であり、本来は、営業など一定の訓練を終えた特に優秀なエリート社員だけが在籍する部署だ。ところが容疑者は京大留学を経て、入社早々に配属されるという、通常ではあり得ない処遇を受けていた。

 急成長の中国をめぐっては、香港などの証券会社からの引き抜きだけでは足りず、中国人留学生らを採用している。社内の慣例も破って重要部署にも配置、実地訓練で育成していた。渡部社長は、容疑者を「一人前になる過程の社員」と評しながらも、

 「07年末に香港に異動し、中国ビジネスの窓口になってもらうつもりだった」

 と述べている。入社2年目の外国人社員に「即戦力」を期待していたのだ。中川弁護士は、

 「他人のお金を預かって仕事をする証券マンの職業倫理、規範意識というのは、一定の時間をかけて現場で働いて身につくものなのです。事件は、一日も早く稼いでもらいたいと期待するあまり、一定の時間を惜しんだ結果です」

 と断罪する。

 ほかの証券会社も、事情は野村と似たり寄ったりだ。外国市場進出を急ぐあまり、今回の事件のような失態を招く恐れは、どこも潜在的に抱えている。

 「機密情報が集まる重要部署に、職業倫理が育っていない人間を置く危うさ。業界最大手を摘発した当局に『みせしめ』としての意図も感じます」(中川弁護士)

 この事件を「個人の犯行」と片づける限り、野村証券の、ひいては日本市場の未来は危ない。



日本語話せる外国人の入国・滞在を優遇…外務・法務省 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080501-OYT1T00848.htm

 外務、法務両省は1日、日本語を話せる外国人の入国・滞在を優遇する方針を固めた。

 また、原則として最長3年の在留期間を5年程度に延長する考え。法務省は来年の通常国会に、出入国管理・難民認定法改正案を提出する予定だ。

 外務、法務両省は今後、日本語能力の判定方法などの検討を進める。厚生労働省や文部科学省など関係省庁との調整も本格化させる。ただ、政府内では、技能レベルの低い外国人労働者の受け入れ拡大につながりかねないとの慎重論もある。

(2008年5月1日23時48分 読売新聞)



国の土地利用規制権限、都道府県に全面移譲へ 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080504-OYT1T00026.htm

 政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)は、第1次勧告に、都市計画、農地、森林の土地利用規制に関する国の権限を都道府県に全面移譲し、国の関与を大幅に廃止、縮小する改革案を盛り込む方針を固めた。

 林政分野では、土地利用規制の中で唯一、農相が決定権を持っている重要流域の保安林の指定・解除権を都道府県に移譲する。重要流域には、二つ以上の都府県にまたがる川の流域が指定されており、民有林の保安林の多くがこれに該当している。

 また、都道府県が、造林、保安林の整備など森林関連の政策に関する方向性を決める「地域森林計画」の策定・変更についても、都道府県と農相による協議、同意を廃止する。
(2008年5月4日03時03分 読売新聞)



ダライ・ラマ特使と協議…中国政府、強硬姿勢崩さず
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080504-OYT1T00485.htm

 【深セン(中国広東省)=竹内誠一郎】
中国側は「3月14日のラサでの暴動が双方の対話再開の新たな障害となった」と述べ、ダライ・ラマ側を批判。ダライ・ラマ側に対し、本格対話再開の条件として、「祖国分裂活動・暴力行為の扇動・五輪妨害」の三つの活動の停止を強く求めた。亡命政府側は暴力行為扇動などの中国側の言い分を認めてはおらず、強く反発したものとみられる。

(2008年5月5日01時51分 読売新聞)



臓器移植法の改正、舛添厚労相が「審議を速めて」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080426-OYT1T00026.htm

 国会での審議が中断している改正臓器移植法案について、舛添厚生労働相は25日、閣議後の記者会見で「国民の命にかかわることは審議を速めてもらいたい」と述べ、提案から2年経ても進展しない現状の打開を求めた。
(2008年4月26日00時22分 読売新聞)



足立の8公園相次ぐ金属盗
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20080501-OYT8T00091.htm

 足立区内の公園で、ステンレス製の側溝のフタや手すりなどの金属製品の盗難が相次いでいる。被害は8公園で総額約70万円相当にのぼり、中にはトイレ手洗い場や水飲み場の蛇口まで盗まれたケースも。区は、綾瀬署や西新井署に被害届を提出、両署は窃盗容疑で捜査を開始した。区内では昨年5月にも、公園や歩道でステンレス製のトイレの扉など総額約45万円相当の金属製品が盗まれる事件が起きており、区の担当者は頭を抱えている。

 北京五輪に向け建設ラッシュが続く中国や、急激な経済成長を続けるインドの金属需要が増えたことに加え、将来の値上がりを見越した投機マネーも金属市場に流入。鋼材価格が高騰したことを背景に、転売目的の盗難が増えているとみられる。

(2008年5月1日 読売新聞)

clap
 犯罪犯す気満々で入社した?^^

 麻布の中華料理店・・・福田さん以外に行ってる人も気になる^^

 ザパニーズ増産・・・

 危ない人がなってしまったら森林を守る術あるんですかね?
 
 人権問題改善が五輪開催前提条件でしたよね~
200人以上の死亡者が出ていても今までよりは改善されているって事ですか?^^

 臓器移植で、にかいの奥さん思い出しちゃうのは気のせいかな・・・

 電線の次は公園ですか・・・足立区にはそう云う人が多いって事ですね?^^

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/05/06 02:19 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ODA停止後も環境対策という名目で行われる中国援助 ~中国利権に毒されているのは誰か~ | ホーム | 胡錦濤に警戒すべき皇太子殿下の五輪ご出席要請>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/327-fb8a45de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |