FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
胡錦濤に警戒すべき皇太子殿下の五輪ご出席要請
台湾は日本の生命線!さん
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-365.html

徐敦信元駐日大使が言うごとく、日中友好関係を「個別の問題や指導者交代、国際情勢などで影響を受けないよう」にするため、所謂「第四の政治文書」を作成して、いかなる情勢下でも中国との「友好関係」を遵守すること(日中主従関係の固定化)を日本に誓わせるとともに、国威発揚、民族主義高揚、対外影響力拡大のための北京五輪を成功させるために日本の政府、国民の支持を獲得したと装い、中国の平和的、調和的な対外姿勢をアピールして各国を欺き、世界で巻き起こっている「中国脅威論」を打ち消すことが訪日の最大の狙いとなっているのだ。それ以上の目的が、今のこの国にあるだろうか。

そうしたなかで中国が最も願っているのが、皇太子殿下の五輪開幕式へのご出席だとも見られている。

中国は皇室を政治利用しようと画策しているのである。

同年四月には来日した温家宝首相も、天皇陛下に対し直接開会式へのご参列をお願い申し上げている。中国側は天皇陛下のご不例をわきまえているから、これは実際には皇太子殿下のご参加願いだったとされている。このような振る舞いは外交儀礼に反するものにして、日本を見下している証左だが、それほどまでにこの国は、皇室の政治利用を渇望していると言うわけだ。

それはなぜか。日本国民はあまり気がついていないことだが、世界における日本の皇室のご権威とご声望はきわめて高く、皇室との良好な関係を強調することは、中国のイメージアップに大いに役立つからだ。

いずれにせよ、皇族による侵略国家の国家的祭典へのご出席となれば、それは皇室の尊厳を大きく傷つけ奉るものであり、国民は断固阻止しなければならない。



胡錦濤主席、パンダ貸与に前向き 信頼関係増進の訪問に意欲 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/142585/

 【北京=野口東秀】中国の胡錦濤国家主席は4日、北京の人民大会堂で日本人記者団と会見し、6日からの訪日で、東シナ海ガス田開発問題や中国製冷凍ギョーザ中毒事件など両国間の懸案で新たな進展が得られないことを示唆した。

 胡主席はガス田開発問題について、「共同の努力で双方が受け入れ可能な解決案をみつけ適切に解決できると信じる」と改めて強調したが、この発言は裏返せば、今回の訪日で合意を得るのは難しいことを示したものといえる。

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件に関しては、「(この事件を)高度に重視している。双方が引き続き調査と協力を強化、一日も早く真相を解明するよう望んでいる」と述べるにとどめ、解決が長期間に及ぶことをほのめかした



石原知事「パンダだって死ぬだろう。大泣きして悲しむほどでもない」 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/142187/

 「冒頭、私から2つ申し上げることがございます。1つは、食品の原料原産地表示についてでありますが、30日に都消費生活対策審議会から答申をいただきました。今日の食生活に欠かせない調理冷凍食品について、今回の答申では原料原産地表示を国に先駆けて義務づけるという都の提案が、全面的に支持されました。言うまでもなく、原料原産地表示は消費者の食品選択に際して最も重要な情報の一つであります。審議会では広く都民からの意見を募集しまして、食品の製造や流通に関係する事業者団体からも意見を聞いて参りました」
 「今回の取り組みによって、調理冷凍食品の関連事業者が、原材料の情報をより的確に把握し、正確な表示を行うことで都民の食への信頼を回復することができると思います。都は今後、5月中にも新たな義務づけの具体案を固めまして、そのあと必要な手続きを経て、8月ごろには告示を行い、同時に施行するつもりであります。ただし、事業者の準備期間もあるので経過措置を設けるなど、配慮いたします。本来、食品の表示の制度は国が主体となって検討するべきものであります。先般の8都県市首脳会議においても、共同で国に提案いたしました。まず、最大の消費地であります東京で、国に先駆けた取り組みを行うことで、日本全体の食への信頼回復につながると信じております」
 「ちなみに、対象は調理冷凍食品で、上位3位かつ5%以上の原材料および商品名に関した原材料、表示は包装表示が原則であります。今後のスケジュールとしてはWTO(世界貿易機関)に通報しますが、最低2カ月必要ですし、告示施行は今年8月ごろになると思います。経過措置としては事業者の準備期間を考慮し、1年を超えない範囲で設定します」


日独パートナー会議がドイツで開催 両国から約150人が参加 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/142579/

 【ベルリン=黒沢潤】明治時代から続く日本とドイツの“友好のきずな”を深めるため、両国の関係者が集う「日独パートナー会議」が1日から3日間、独南部カールスルーエで開かれた。

 日本で2005年に行われた第1回会合に続くドイツでの初会合で、日本の「日独協会」(古森重隆会長)の約50人と、独国内の「独日協会」(ルプレヒト・フォンドラン会長)の約100人が一堂に会し、交流の現状や今後の関係強化などについて話し合った。

 ドイツ側では、日本の伝統文化やアニメ、漫画などを通じて、日本への関心が高まっているものの、経済発展著しい中国への関心はそれを上回る勢いだ。独国内で「中国学」を設ける大学は、「日本学」より3校多い21校。独中貿易も増大傾向にある。

 ただ古森義久・産経新聞ワシントン駐在編集特別委員は、劣悪な中国食品や工業製品の偽造問題、それを誘発する「法の支配」欠如を指摘、「美しい幻想に反する現実に目を閉じてはならない」とクギを刺した

 英ニューキャスル大学のラインハテ・デリフテ教授も、中国に魅了されるドイツ企業への日本側の懸念をあえて紹介し、「ドイツは中国に浮かれ過ぎ」と警鐘を鳴らした。また、ドイツと日本は経済・社会の在り方も似ており、両国の関係は独中関係より伝統が長く、重要だと力説した。

 第二次大戦で敗れた後、ともに焦土の中から立ち上がり、奇跡の経済成長を遂げた日独両国は、政治や経済面で摩擦が起きた例もあまりなく、「日米関係などより個性的」(古森編集委員)とも指摘される特別な関係だ。日独修好150周年にあたる2011年には、両国の友好を祝う、意義のある行事を催そうという機運が盛り上がっている


最も世界に好影響を与えている国は日本とドイツ 国際世論調査 MSN
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080402/erp0804021314005-n1.htm

 英BBC放送は1日、世界に良い影響を与えている国として、日本とドイツを挙げた人が最も多かったとする国際世論調査の結果を発表した。イラク戦争で大きく傷ついた米国のイメージも1年前の調査と比べ、やや持ち直した。

 調査は昨年10月末から今年1月下旬にかけ、34カ国の約1万7500人を対象に実施。13カ国と欧州連合(EU)について「世界におおむね良い影響を与えている」かどうかを尋ねたところ、日本とドイツが平均56%で最多。米国は昨年の31%から35%に上昇した。

 日独以下はEU、フランス、英国、ブラジル、中国、インド、ロシア、米国、北朝鮮、パキスタン、イスラエル、イランの順だった。2008.4.2 13:13



安倍前首相がラビヤ・カーディル主席と面会
http://www.uyghurcongress.org/Jp/News.asp?ItemID=1209856111

4月30日に憲政記念館で開いたシンポジウム(タイトル:中国の人権状況を考えるシンポジウム)に証言者として出席し、大勢の議員及び報道関係者の前で、ウイグルの人権問題を訴えた。シンポジウムには、安倍晋三前首相、麻生太郎元外相、平沼赳夫元経産大臣をはじめ、多くの有力議員らが参加した。

安倍前首相をはじめとする複数の議員らが投獄中のトフティ・テュニヤズ氏の件で救援議員連盟を立ち上げる決意を表明した。

clap
 ガス田も餃子も進展望めないのになんで日本来るの?^^

 中国からパンダなんか来たら絶対上野動物園なんか行かない事にします^^

 石原さんありがとうpq

 日本国内でドイツに良いイメージ持ってる人ってどのくらい居るのだろう?
何故かマイナスなイメージを持ってしまっている人が多い気がするのは気のせい?
何故良い影響与えているか、ここらへんから浸透できたら・・・間違ったイメージ覆したい・・・

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/05/05 01:12 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<インチキで分かった“外国人部隊”偏重の危うさ | ホーム | 中国産ヘパリンで重篤アレルギー事故発生にて自主回収 各施設で対応願います。(2008年3月10日)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/326-01a08254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |