FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
<チベット>CCTVニュース番組で「反省の言葉を述べる拘留中のチベット人」―中国
レコードチャイナ

2008年4月27日、国営中央テレビ(CCTV)夜7時のニュース番組「新聞聯播」で、先月14日のチベット騒乱で拘束された2人のチベット人が、自らの不法行為を反省し、悔い改める様子が放送された。新華ネットが伝えた。

「善悪の区別がつかず、国や社会に害を及ぼし、申し訳ございませんでした」
「悪い人の命令で、強制参加させられた」
「80歳を超える祖父は旧チベット社会で大変な苦労をしたが、今は安定した暮らしが出来るようになった。兄も何不自由なく義務教育を受けることができた」と政府に対する感謝の気持ちを口にした。

「社会の安定や民族の団結、そして北京五輪に悪影響を及ぼし、心から反省しています」
「悪い人から脅されたため、参加せざるを得なかった」
「今後は2度と悪い人に騙されず、政府の素晴らしい政策に感謝するよう、仲間にも訴えていきたい」と反省の弁を述べた。(翻訳・編集/NN)



【正論】森本敏 自衛隊のあり方と防衛省改革 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/141431/

≪新状況に対応できない≫

 このところ防衛省や自衛隊に関係する事故や事件が相次ぎ、防衛省の改革論議がにぎやかだ。なかでも守屋前同省事務次官の汚職事件、一連の秘密漏洩(ろうえい)、イージス艦「あたご」の衝突事故などは、その組織・機構のあり方に重大な疑問を投げかけた。

 しかし、これらの事件の原因と組織・機構は直接の関係はない。確かに、事故後の措置や報告については組織・機構に問題があるものの、事件の原因の多くは指揮官の指揮や隊員の規律、士気にある。とはいえこれらの問題を国家的見地からみると、その背後にもっと根本的な問題が存在すると思わざるを得ない。

≪軍隊としての装いを≫

 この際、国家の防衛とは何なのか、なぜ、今、何が必要なのかなど、冷戦後におけるわが国の「防衛のあり方」について根本的な議論を尽くす必要がある。

 また、自衛隊が実質的な軍隊であるにもかかわらず、軍隊としてみられない扱い、しばしば自衛官が文民より低い扱いを受けることも問題である。今日、隊員の多くがこの状況に慣れ切っているが、間違っては困る。この組織の本質は戦闘集団であり、その使命は生命をかけて国家を守ることにある。そのため武器を持ち訓練をしている。自衛官は海外に出ると国際条約で軍人として扱われる。だからこそ安心して自衛官を海外に出せるのである。

 他方、国としては国家の安全保障や国防戦略を国家レベルで審議する国家安全保障会議を作るべきであるし、自衛隊の任務や武器使用について自衛隊の手を縛るようなことをせずに、指揮官に委ねるための法整備を進めるべきである。また、秘密保護の法整備を進め、国会には秘密公聴会を設置すべきである。隊員個人が名誉を重んじられるよう勲章や階級呼称、慰霊碑や公務死の場合の補償など国家がやるべきことは多い。

 こうした制度の不備を放置して隊員の意識改革だけを論じることは非合理である
(もりもと さとし=拓殖大学大学院教授)



国を憂い、われとわが身を甘やかすの記さん 現実味を増す平沼新党と小沢民主党その他いろいろ
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/559444/

 いよいよ政局の動きが本格化してきたなと感じる記事が、昨日の新聞各紙に載っていました。読売新聞は「平沼氏に連携呼びかけ」、日経新聞は「小沢氏、平沼氏に秋波」という見出しでミニ・ニュースの扱いでしたが、産経は3段見出しで「連携新党構想も 小沢・平沼氏が会談」と踏み込んでいます。

 決断が早い方ではない平沼氏も、ようやく腹を固めてきており、それを取り込もうという動きもまた出ているということでしょう。ただ、簡単にこれで保守理念に基づく清新な政党が生まれ、自民、民主以外の投票の受け皿ができると喜ぶにはまだ早いと思います。

 新党構想に対しては、小沢氏が早速こなをかけたように、自民、民主両党からも、またそれぞれさまざまな思惑と選挙区事情を持つ個々の議員(候補)からも、いろいろな接触、働きかけ、恫喝、哀願、排斥…などが次々に押し寄せるでしょうから、新党はできたものの、結局、よく方向性が分からない自民か民主の補完勢力が誕生しただけ、ということもありえます。また、何度も書いてきたように、保守勢力はある程度結集したものの、発言力も影響力も乏しい小数政党ができただけに終わり、帰って保守派が減った自民、民主両党の左傾化が強まったただけということだってあり得ますね。

 すべてはこれからなので、あまり期待もせず、かといって最初から冷たく突き放すこともせず、今後の展開を注視していきたいと思います。



「民主党」の危険人物は日本滅亡を画策している! ポリスジャパン
http://www.policejapan.com/contents/syakai/20080430/index.html

(地方参政権を求める緊急集会 (ジャーナリスト水間政憲)記事が載っています。)

「日本の敵国」や、「売国奴」たちの「情報操作工作」に踊らされて、「安倍バッシング」を行い、「民主党」に投票した人たちは、いま「日本」に何が起こっているのか、よく考える必要があります。

「外人」、それも「反日・日本人蔑視外人」たちに、「国政選挙参政権」を与えたら、「日本社会」はどうなってしまうのか?

「民主党」は「公約」で、「日本」へ「3000万人の外人」を受け入れることを掲げています。

「滞在(ステイ)」とされているこの「公約」も、「外人参政権付与」のように、やがては「権利」の拡大を要求し、「3000万人の外人」が、「日本」に「永住」することになるでしょう。

その時、「一つの自治体」に「外人」が、数千人、数万人、数十万人単位で「流入」したら、小さな自治体(過疎地域)は、完全に「外人」の手に落ちてしまいます。

「民主党(野党)」に投票している人たちは、それがどれくらい「恐ろしい」ことなのか、理解しているのでしょうか?



ソフトバンクが中国ネット大手を傘下に iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/141567/

 ソフトバンクが、中国のインターネットサービス大手、オーク・パシフィック・インタラクティブ(OPI、北京市)へ資本参加し、傘下に収めることが30日わかった。すでにソフトバンクは中国のネット関連最大手、アリババ・グループへも約33%出資しており、OPIも傘下に加え、急成長を続ける中国ネット市場での事業を加速する。

clap
 人間にとって最も残酷な行為は罵声を浴びせる事でも殴る事でも無く
「心」「自我」その人自身を滅殺させる事だと思っています。
このやり方に吐気がする。

 石破さん改革頑張っているのに・・・
ゴルフの事ばかりで自衛隊改革の記事が出てこない・・・pq

 中川さん・・・何故ロシア?( ゚д゚)ポカーン

 小沢・・・最悪だ。どうかこれが悪夢でありますように・・・
まだ公明の方がマシだ。

 長野での中国国旗に占領された場面が目に浮かぶ・・・
今、ガソリンとか鬱陶しく垂れ流しているTV(方)は自衛隊派遣を阻まれた時どんなアクション起こしたんだろう?
連日タンカーが襲われている中、9条守れと言っている方々は文句を言う資格が無いのでは?

 禿兄・・・何してるの?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/05/01 13:21 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<【韓国】政府「中国人留学生ビザ審査を強化」[05/01] | ホーム | 在日朝鮮人年金支給にご熱心な富田麻美さんは民主党支持の自治労の方のようですので・・・>>
コメント
またレコードチャイナか。
ここの情報は全くあてにならないって皆しってるのに
まだこんな情報垂れ流してんのね。
もし本当だとしても、家族を人質に取られて脅かされているか
それとも拷問か・・・誰も信じない。

>「一つの自治体」に「外人」が、数千人、数万人、数十万人単位で「流入」したら、小さな自治体(過疎地域)は、完全に「外人」の手に落ちてしまいます。

そう、こんな簡単なこと誰でもわかる。増してや政治家なら。
それでも参政権を付与しようと言うのだから、そこに何か魂胆があるはず。
政治家自身の利益のためか、もしくは国家を売り渡すため。

民主酷ではありえない法案が蠢く日本って…(TT)
【2008/05/01 14:19】
| URL | 鴻 #FDXVSfgk[ 編集] |
鴻さん~

 >民主酷ではありえない法案が蠢く日本って…(TT)

でもね?潰されても潰されても何回も出てくるあの粘着体質とか

潰された理由も考えず改善もしない厚顔無恥な所とか

良い方向に使うには見習いたいな^^
と、思います~
【2008/05/02 07:53】
| URL | usakaze #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/323-40122391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |