FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
原油価格、安定調達にも懸念 タンカー襲撃
iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/139464/

 日本郵船が運航する大型原油タンカーが、中東・イエメン沖で襲撃されたことで、国際的な原油相場にも少なからぬ影響が出そうだ。原油のほとんどを輸入に頼る日本で、中東からの原油は9割近くに達している。今後、こうしたタンカーを狙った襲撃が頻発すれば、船舶保険や貿易保険などの保険料率引き上げにつながるほか需給にも影響が出る恐れがあり、日本のエネルギー安全保障にもかかわりかねない。

 石油元売り最大手の新日本石油は、今回の事件を受け、中東のシーレーンを運行するタンカー船に「警戒」を呼びかけ、細心の注意を払うよう要請した。同様に出光興産やジャパンエナジーも、警戒を呼びかけた。



日本郵船のタンカー被弾 海賊が発砲5回? iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/139478/

 イエメン・アデンの東方沖約440キロの海域で21日午前4時40分(日本時間同10時10分)ごろ、日本郵船(東京都千代田区)の大型原油タンカー「高山」(15万53トン、岡村秀朗船長)が小型不審船から発砲を受け被弾した。

 高山には日本人7人、フィリピン人16人の23人が乗り組み、今月4日未明に
韓国・蔚山(ウルサン)港を出港。積み地のサウジアラビア・ヤンブー港に向かう途中で、積み荷はなかった。

 イエメンと対岸のソマリアに囲まれたアデン湾付近では昨年10月、都内の海運会社のケミカルタンカー「ゴールデン・ノリ」(6253トン)が海賊に乗っ取られて、外国人船員が拘束される事件が起きている。国交省と海保などが航行に注意を呼びかけていた。



世界一危険な“魔の海域” イエメン沖タンカー襲撃 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/139501/

 ソマリアでの発生件数は31件と06年の3倍強。アデン湾・紅海まで含めば44件と全発生件数の2割にも上る、世界一の危険海域なのである。しかも人質事案292人の内、ソマリアは154人で半分強。誘拐・身代金要求事案(63人)もソマリア20人、ナイジェリア40人と両国でほとんどを占める。負傷乗組員にしても35人中ソマリア6人、ナイジェリア15人、死亡者5人も両国で2人ずつ出した結果だ。銃器使用事案72件でも両国が19件ずつだった。

 魔の海域と化した背景には、海洋法令執行機関の脆弱(ぜいじゃく)性がある。領海内では沿岸警備隊も期待できるが、公海上は海軍が警察権を行使し、海賊を取り締まってきた。幸運にもこの海域では、各国海軍が対テロ哨戒任務に就いている。ところが当初、各国海軍は被害船舶救出に向け、ソマリア領海へ入ることを躊躇(ちゅうちょ)した。その後、ソマリア政府の同意を取り付け、海賊を領海まで追跡し始めた。結果、日本の海運会社が用船したケミカル・タンカー解放(昨年12月)などにつながった。もっとも、解放の立役者は海上自衛隊ではなく米海軍。この海域の各国海軍に補給をしていた海自が法律上の期限切れを受け、活動を中断していたからだけではない。警告射撃を無視されれば、それ以上の手段は持たないため救出には困難を伴うのだ。

 ところで4月4日、フランスのクルーズ船が海賊に乗っ取られた。仏海軍艦艇や特殊部隊が捜索。仏政府は対テロ阻止活動中の各国海軍にも協力要請した。だが、活動に復帰していたはずの海自は、こうした人道上の要請にも完全には応えられない。それに比し、仏軍はソマリアに上陸した海賊の車両をヘリコプターが追跡、エンジンに発砲して停車させた上、拘束した犯人をパリで尋問している。

 輸入大国・日本は、その生命線を外国海軍に頼っている仏海軍は昨年11月、ソマリア沖で食糧援助を続ける国連世界食糧計画の支援船を、海賊から守るべく哨戒を始めた。日本が就任を希望する安保理常任理事国(仏)との実力差は歴然としている。(野口裕之)



新たに僧侶400人拘束か ラサの仏教寺院 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/139481/

 米政府系放送局、ラジオ自由アジアは21日までに、中国チベット自治区当局者の話として、自治区ラサ市郊外にあるチベット仏教寺院セラ寺に18日未明、武装警官が入り、400人余りの僧侶を拘束したと報じた。

 ラジオ自由アジアによると、中国当局は先週、甘粛、青海、四川各省などチベット民族が多数住む地域でも僧侶に対する取り締まりを強め、14日から18日までに700人以上を拘束したという。



映画「靖国」、削除要請拒否し5月3日から公開へ iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/139442/

 映画「靖国 YASUKUNI」の李纓(リ・イン)監督らに対し、靖国神社が映像の削除・訂正を求めている問題で、配給会社のアルゴ・ピクチャーズは21日、「内容を変更せずに、(神社側と)和解する方向を探りたい」として、作品に手を加えずそのままの形で上映する方針を固めた。神社側が期日としている26日までに正式回答する。



【政論探求】「タスポ」に見るおぞましさ iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/econpolicy/139427/

 最初は無料だが再発行も1000円で済むから、なくしたことにして新たにカードをせしめ、ネット販売で小銭を稼ごうというヤカラも出かねない。

 「タスポ」が全面普及したら、だれが、いつ、どこで、どういう銘柄のたばこを買ったか、完璧に把握されることになる。そこまで個人情報を集約されてはたまらないが、そのデータはどう使われるのか

 極限の管理社会の恐怖を描いたジョージ・オーウェルの「1984年」を思いださずにはいられない。
(客員編集委員 花岡信昭)



露の男性、背中にナイフ刺さるも気付かず就寝 iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/139488/

 [モスクワ 17日 ロイター] ロシアの電気技師の男性(53)が、酒を飲んだ後自分の背中にナイフが刺さっていることに気付かずに就寝し、妻が翌日発見するという出来事があった。17日付のコムソモリスカヤ・プラウダ紙が報じた。

clap
 アンキムさん予想で300円でしたっけ?・・・それより高くなるのかな?^^

 フランスで検索かけて、るうとさんのGif思い出して
http://www.nicovideo.jp/watch/sm888089
           ↑
貼ろうと思ったけど自粛した>w<

 映画って肖像権で訴えられる疑いの有るものでも上映できるんですね~・・・

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/04/22 05:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<北朝鮮支援にご熱心な方々が小沢一郎に天下を獲らせたがってる件 | ホーム | 「善光寺が聖火リレー出発地を辞退」なんて報道で喜んでる奴はおかしい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/316-f7a70076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |