FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
中国軍拡の真目的ー日本が報じない総参謀長発言
台湾は日本の生命線!さん 
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-307.html

会見で陳総参謀長が、日米が共同で開発を進めているミサイル防衛(MD)が台湾海峡情勢に影響を及ぼすことに憂慮を示したことである。

これに対して斎藤統幕長は「ミサイル防衛と台湾は全くリンクしていない」(共同)、「あくまで専守防衛政策の一環」(時事)などと説明し、日本側の考えに理解を求めたらしい。そのときの状況は「日中制服組トップの間でMDに対する受け止め方に開きがあることを印象付けた」(共同)ものだったらしい。その一方で斎藤統幕長は会談後、「(日本側の立場は)ご理解していただけた」と記者団に語ったそうだ(同)。

だいたい日本での報道はこの程度のものだったが、メディアはずいぶん簡単に片付けるものだと思う。なぜなら陳総参謀長の発言はきわめて重大なものだからだ。

会見後、陳総参謀長はフェニックステレビに対し、次のように述べている。

「(日本側が中国の軍拡を憂慮している問題で)中国の軍の近代化は台湾問題を解決するためのもの。我々は平和統一を主張しているが、陳水扁が台湾を祖国の領土から分裂させようとするなら、軍事的手段でこの問題を解決することになる。…このように話して斎藤統幕長の懸念を解消させた」

「(日米のMDでの協力強化は台湾問題解決への挑戦だの問題で)彼らは実際には台湾を自分たちの防衛システムに組み込んでいるし、共同戦略目標にも(台湾問題の解決を)掲げている。だが斎藤統幕長は『そのような問題はない』と言った。『問題がない』なら私は嬉しい。しかし実際にこの問題はあるのである。台湾は中国の領土なのだ。中国の領土を彼らに守ってもらう必要などない

※他の報道によると、斎藤統幕長から訪日を求められたことに触れ、「今年は無理だ。陳水扁が騒ぎを拡大しているため、台湾問題に対応しなければならないからだ」と答えている(三月の台湾の国民投票の実施を指すのだろう。この発言はそれを妨害するための恫喝メッセージだ)。

これを見てもわかるように、陳総参謀長は、最重要事項である中国の軍拡の目的をはっきりと明言しているのである。それは台湾問題の解決だ。すなわち台湾に対し、軍事力で恫喝し、必要とあればそれを行使して、そこを併呑すると言うことだ。もちろんそれには、台湾を防衛している日米の戦力への対抗も含まれている。いや、中国軍がいちばんの敵としているのは台湾軍ではなく、それよりも大きな力を擁する日米安保体制だと言うべきだ。だからその軍拡の現況を見ても、すでに台湾攻略に必要なレベルを上回っている(米本土に照準を合わす核ミサイルの開発、配備はその象徴だ)。

中国が「軍の使命は台湾解放以外にない」と初めて明言したのは昨年、胡錦濤主席によってだが、そのようなことは少なくとも北方の脅威だったソ連の崩壊以降のこの国の軍事的動向を見れば、早くから明らかになっていることである。

日本のメディアはこれまで、なぜかそのことをはっきりと伝えようとしないできた。そして今回も同様だ。陳総参謀長がはっきりとこのことを日本側に伝達しているにもかかわらずにである。

日本の政府は、そのような中国の軍事政策に、いかに対処して行くかを具体的に国民に対して説明を行うべきだ」と訴えるのがメディア本来の仕事だが、それを敢えて行わないのは、政府とともにメディアもまた、中国がもっとも嫌う「中国脅威論」の火消し役を担っているからである。「中国に嫌がることはしない」は福田首相ひとりの政治的信条などではなく、媚中派全体の合言葉、行動規範となっているのである。



石原都知事「日米安保、いったん解消を」 横田基地問題で言及 MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080229/plc0802291905012-n1.htm

 石原知事は横田基地の軍民共用化のセミナー開催について説明。その際、米軍関係者が「横田基地は第2次大戦でのレガシー(遺産)」として、米軍による独占使用を既得権益視している現状を批判。「沖縄でのいまいましい出来事(米海兵隊員による女子中学生暴行事件)を眺めても、(福田)首相と向こうの国務長官が握手して済むことじゃない」とした。

 そのうえで、日米安保条約の一時解消を提言し、1年程度の冷却期間を置いて、日米関係を再構築すべきと主張。「まず地位協定をきちんと考えることで、本当の日米安保体制ができていく」と持論を展開した。



中国人の家族旅行OK 3日から査証申請受け付け iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/126486

 外務省は29日、福田康夫首相が昨年12月の訪中時に表明した観光分野における日中交流促進のため、3月3日から、これまでの団体観光客に加え2-3人の小人数家族についても、査証申請を受け付けると発表した。
 中国人の訪日観光は、平成12年から指定旅行業者を通じた団体観光客に限り認めてきたが、一定の経済力のある家族に対しても、在中国日本公館で査証を発給する。中国からの19年の団体観光客は26万1972人で、前年の15万7436人から10万人以上も急増した。



きち@石根包装局さん 人権擁護法と国籍取得法と参政権コラボに要注意
http://ameblo.jp/disclo/entry-10076147949.html

■”植民地解放”とかいう方は国籍取得ご遠慮ください
人権擁護法案は国連「パリ原則」に基づいているとかなんとかいいますが
とんでもない。
我が国独自の人権関連法案です。

そもそもパリ原則は、公権力による人権侵害を念頭に置くもの
欧米パリ原則採用国には、国民監視の概念などどこにもない

で人権屋法案の同日に国籍取得法・・
つまり、在日韓国・朝鮮人の帰化フリーパス法案が討議されるわけですが
私は、「参政権を得たくば、帰化せよ」と言いながら
フリーパスにせよとは思っていません。

現行帰化審査にも文句だらけでありますが
フリーパスにせよなど、どこの口から出てくるのか・・ということです。
で国籍PTでのヒアリングに、こちらの会長さんが出たとのことですが
そもそも、基本的な勘違いがそこにあります。

国籍取得特例法」の早期制定を求める声明
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/newpage20080309%20seimei.html
(在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会)


民族名の継承、表記は非常によろしい
あって当然であります。
なければ、余計にややこしい。

移民としての”朝鮮系日本人”というアイデンティティーは
帰化後にも必要であります。

ただし、
日本の植民地からの解放

などと考える人間に、我が国国籍など付与できますでしょうか?
そもそも、植民地ではなく、合併であります。

そして、我が国が国籍を剥奪したのではなく、
サンフランシスコ条約により、韓国の帰属が離れたからこそ
国籍が分離し、”韓国籍”となったのであって、
剥奪ではない。(つまり、移動であって、消滅ではない)
朝鮮という国籍が消滅したのは
南北問題であって、我が国の責によるものではありません

それを「剥奪」などという感覚を持って帰化されたのでは
一般国民としては、恐ろしい話であります。

まずもって、
必要なのは
現行の帰化審査に加えて、
観念的帰属意識、つまり、
所謂植民地被害意識の無き事の審査を加えるべきです。

つまり、簡単なことで
国際基準である
国家に忠誠を誓えるか
という宣誓を求めれば良いだけのこと。

少なくとも
”植民地解放”
などという思想背景が無いこと・・・
が原則
となるように、討議のベースを作り直せと。

でこちらは波風が立ちにくいようで
着々と・・・

国籍取得法案提出へ 自民PT、特別永住者対象に
http://www.asahi.com/politics/update/0124/TKY200801240498.html
(朝日)

簡単に言いますと

・いつでも簡単に・すぐに・帰化できるようにする
・ただし、在日のままの人のための参政権確立は推進する


と言いたいわけです。

国籍取得関連法案

人権擁護法案

外国人参政権


コラボです。

人権擁護法案については
・法務省の事情
・同和団体のシノギの維持
・政党・思想団体の願い
・中共の工作
・在日・特永・帰化者の思惑


これらがメルティングポッドにあって
ややこしいわけです。

国籍条項?

国籍取得法案成立で
意味の無い議論になりそうです


本日政調がヒアリングした
在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会会長 李 敬宰さん
の戦術開陳。

在日外国籍市民の参政権を考える連続講座
http://web.archive.org/web/20040609052029/
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm



「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。


これが夢です。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。


(2001年12月14日18時30分~ 京都YWCA)



自民政調は、こんな人を呼んで、何を聞きたいの?

まぁ少なくとも推進派の頭には
似たようなベースがあることは基本
です。



石原知事が中国を批判 ギョーザ中毒事件 MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080229/crm0802291731048-n1.htm
2008.2.29 17:32
 中国製ギョーザ中毒事件で、中国公安省が中国国内での毒物混入の可能性が極めて低いと断定したことについて、東京都の石原慎太郎知事は29日の定例会見で、「こっけい千万。オリンピックを控え、中国はこの問題はっきりしないと世界から信用されないと思う」と述べ、中国当局の対応や姿勢を厳しく批判した



☆独断雑記 XYZさん 中川氏の正論!
http://ameblo.jp/kyouikusituke/entry-10076322611.html

2008/02/29 ZAKZAKより引用
  ナメられた福田…毒ギョーザで与野党激怒、禁輸せよ!
(前略)
>自民党の中川元政調会長は「絶対に認められない。中国としては安易に非を認めたくないうえ、北京五輪を見据えて早く問題を終息させたいのだろうが、とんでもない」といい、「中国食品の輸入禁止も検討すべきだ」と断言する。

>中川氏は農水相時代、輸入食品の安全性を調査させたことがあった。中国産以外にも安全性に疑問がある輸入食品はあったが、今回は人命を奪いかねなかった毒物混入事件で、次元が違う。
(後略)

まさに正論ですね。
これぞ日本の国会議員として相応しい発言です。
あの古館氏でさえ今回の中国公安省の発表を受けて、

>一旦中国からの食品・材料というものを止めて

と発言しているぐらいですからね。
それだけ今回の中国側の会見は舐めてるんです。

中川さんたちに頑張って頂き、
一刻も早い保守政権の誕生を願います

私見でした。



携帯フィルタリング、一般サイトも閲覧可能に iza
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/126039

 未成年者が携帯電話などで有害サイトを閲覧できないようにするフィルタリングサービスについて、総務省は27日、携帯各社が認定する公式サイトのみを閲覧可能とする「ホワイトリスト」方式から、有害サイトだけを除く「ブラックリスト」方式に改めるよう各社に求めた
 携帯のフィルタリングをめぐっては、増田寛也総務相が昨年12月、18歳未満の利用者を原則加入とするよう要請。これを受けてNTTドコモとKDDI(au)は、加入者に原則として「ホワイトリスト」方式を適用する方針を示していた
 しかし、ホワイトリスト方式では公式サイト以外のオークション、ゲーム、携帯小説などの一般サイトにまったくアクセスできなくなるため、携帯向けコンテンツ提供会社などから反発が広がっていた。

clap
中国に毅然とされる石原さんは好きなのですが・・・・
逆ナン事件を引き合いに出されるのは・・・?
告訴取り下げで暴行事件じゃないし・・・・

素人なので解らないのですが、内部が虫食い状態で情報管理もできていない
給油にしても国益を守る事なのに自由に活動できない自衛隊の状態で
安保解消しても大丈夫なのですかね?

国籍取得法案・・・・着々と進んでいるんですか・・・・・
どんどん侵食が進んで行く・・・・TT

国民覚醒の兆候fla・・・・懐かしいです~
初めて見たとき鳥肌が立って涙がでました・・・・><

麻生さん・・・・よく解らない処でお名前を見るのですが・・・
どうされるのでしょう?・・・・

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/03/01 07:01 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<危険な国籍取得手続きの簡易化。国籍特例法案 | ホーム | 中国、五輪国にふさわしくない 米公聴会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/280-b3cb0b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |