FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
至急!人権擁護法案反対の声を外務省へ!
日本考(仮)さん http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/?no=263

外務省が人権擁護法案について意見を募集しているようです。
期日は2月8日までとなっているため、時間がありません。
皆さん、この闇の法案の成立を阻止するために、是非とも外務省に「No!」を突きつけてやってください!
UPR(普遍的・定期的レビュー)・政府報告について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken_r/upr_sh.html

平成20年1月
このたび、外務省総合外交政策局人権人道課では、国連人権理事会が国連全加盟国の人権状況を審査する枠組みとして新たに創設されたUPR(普遍的・定期的レビュー)の政府報告の作成の参考とさせて頂くために、意見を募ることとしました。
ついては、下記要領により意見を募集しますので、御希望の方は所定の方法により送付してください。


I 意見の募集要領
1.募集受付期間
 2008年1月4日(火曜日)~2月8日(金曜日)18時00分(必着)
2.内容・様式
UPR(普遍的・定期的レビュー→詳細はこちら)に関する要望・意見であること。
様式は、こちら(PDF形式(PDF)、MS WORD形式)から入手してください。
3.送付先
メール:
uprhoukoku@mofa.go.jp
※上記2.の様式に内容を書き込みメールに添付してください(なお、添付ファイルは計500KBを目安とし、それ以上の場合は分割して送付願います)。
※件名を「UPR意見・要望送付」としてください。
郵便:
〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省総合外交政策局人権人道課(UPR意見募集担当)
※封筒に「UPR意見・要望送付」と朱書きで明記してください。
※なお、個人情報につきましては、適切に管理し、本件目的にのみ使用いたします。
(本件問い合わせ先)
  外務省総合外交政策局人権人道課(UPR意見募集担当)
  電話:03-3580-3311(代表・内線3925)


詳しいことは、ママがネットりウォッチしますさんが書いてくれています。
一人でも多くの人の意見が必要です。宜しくお願いします。



ウォーキングと日常の思いさん http://kinmirai.iza.ne.jp/blog/entry/471693/

 自民党の「国籍問題に関するプロジェクトチーム」が国籍取得を今までの「許可制」から「届出制」に変更する特例法案提出(議員立法)の方針を決めたと報道されました。

 国籍取得を簡素化するということは、国家主権、国政を脅かす反日の外国人、スパイ、テロリストなどを日本国内に簡単に流入させ、国内での反日政治活動等を正当な活動として許すことになる。これでは日本の植民地化を自ら進めるようなもの。
 一時的な許可資格である特別永住外国人は外国人に変わりありません。国籍は区別されるものべきもの、差別ではありません。南北朝鮮に忠誠を誓う在日韓国・朝鮮人ら特別永住外国人に、情緒に流されて日本国籍取得を進めるような法案は廃案を。

  この法案とともに、人権擁護法案、外国人参政権付与法案が動いています。これら3法案はすべて関連しセットになっていると考えるべきと思います。
  また、マスコミは上記法案をほとんど報道せず、毒餃子事件を持ってきて、上記法案を意図的に隠しているのではないかと訝っております。(千葉で12/28に最初に起きてから1ヶ月以上経過) マスコミの動きに要注意。
  ちょっと脱線しますが、河野親子は二人とも国益に反することばかりやる。息子は父親のやった事を理解できていないのではないかと。

 日本の内部崩壊、植民地化を進める人権擁護法案、外国人参政権付与法案、国籍特例法案の危険性を広めて廃案に。

自民党への意見は以下のページから「総合」を選択して意見を記述、送信で可能です。
ご意見:http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html 「総合」をクリックする

追記
ブログ「博士の独り言」さんでは、
人権擁護法案、外国人参政権付与法案と、この国籍特例法案をあわせて、「闇の3法案」といわれています。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1346.html




MSN産経ニュース 中国のスパイ活動、最も攻撃的
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080203/amr0802031649004-n1.htm

「犯罪・テロ・国土安全保障に関する小委員会」は1月29日、「連邦スパイ法の施行」という題の公聴会を開き、ブッシュ政権の高官や民間専門家の証言を聞いた。米国に対するスパイ活動一般とそれに対する防止策についての各証言の中で議会政策諮問機関の「米中経済安保調査委員会」のラリー・ウォーツェル委員長は、中国の対米スパイ活動を米国に対する各国の同活動でも「最も攻勢的で米国軍事関連技術への主要な脅威」として位置づけ、その実態に関して証言した。

 同委員長は自らが米陸軍の中国専門家として長年、中国の諜報(ちようほう)・スパイ活動を専門に研究してきた経歴を基に、
(1)中国は1986年3月に「863計画」と呼ぶ高度技術の総合的開発計画を決め、バイオ、宇宙、レーザー、情報、オートメーションなどの技術の外部からの取得を国家政策として決めた
(2)その一環として制限された外国の技術は産業スパイなど秘密や違法の手段でも取得する方針が決められ、実行されている
(3)米側は中国のその種のスパイ活動にかかわる国家機関として国家安全部、人民解放軍諜報部など少なくとも7組織を認定している-などと証言した。

最近の具体例として2006年にカリフォルニア州で有罪判決を受けた中国系一家5人のケースをあげ、高度技術の訓練を受けた同5人が米側の官民の軍事関連技術を違法に取得して中国の広州の中山大学研究所を経由して中国当局に送っていた実態を明らかにした。

 同委員長はこの一家が中国当局からとくに優先して取得することを指令されていた項目として
(1)海上電磁傍受システム
(2)宇宙発射磁気浮揚台
(3)電磁砲システム
(4)潜水艦魚雷
(5)空母電子システム
(6)水上ジェット推進
(7)潜水艦推進
(8)核攻撃防衛技術
(9)米海軍次世代駆逐艦-などを指摘した。

 同委員長は中国のこうしたスパイ活動への対策として司法、立法の両面で取り締まりを強化することを訴えた。

clap
なんで潰された意味を考えないで出すんだろ・・・・><

違う方面からも攻めて来てますよね~・・・・
どぅ考えても頭がおかしい^^

日本にいる工作員の比率って大きいんだろ~な~・・・・
tvでも見られるし><

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/02/07 03:57 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<【国内】超危険!知らずに体内に入る中国産“毒”食品リスト | ホーム | いつかは火種になる・・・台湾総統南沙視察>>
コメント
|ω゜)コソーリ
全ての日本人が日本の為に行動している事もないしね。
言いたくないてケド、内にも外にも敵だらけ・・・

人権擁護法案なんて、
名前だけ聞くと異常は無いけど、
内容を見ると日本に住む外国人の為の法案だしね^^;
日本人の為には全く必要無い法案な訳で。

個人的にはこれを支持している連中は全員裏切り者か、工作員だと認識してますよ?w

|ミサッ
【2008/02/07 06:58】
| URL | 我輩は名無しである #-[ 編集] |
それ、なんてサンドイッチ?

記事でこの法案に賛成、反対してる議員さん見れば
「反日のリトマス試験」だったかな?・・・・
に なると書かれていたのを見て

なるほど~ と思いました><
【2008/02/09 05:12】
| URL | usakaze #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/257-c61eea15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |