FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
チベット弾圧に関心…英皇太子「北京五輪行かぬ」
iza http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/118875/

 28日付の英紙デーリー・テレグラフによると、チャールズ英皇太子は、中国チベット自治区における同国政府の人権弾圧を訴える団体からの質問状に対して、「北京五輪の開会式には出席しない」と手紙で答えたという。
 同皇太子はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と何度も面会するなどチベット問題に強い関心を寄せてきた。(ロンドン 木村正人)



暗黒大陸 支那の真実さん http://zyagatara.iza.ne.jp/blog/entry/465005/

 政府は二十日、旧日本軍が中国に遺棄したとされる化学兵器の推定埋設数について、年内にも化学兵器禁止機関(OPCW、本部・ハーグ)に修正報告する方針を固めた。

財政事情が悪化する中、「中国ペースのどんぶり勘定」(自民党関係者)との批判がある。事業の透明性をいっそう高め、国民の理解を積極的に求めていく必要がありそうだ。

 今年七月一日、参院外交防衛委員会で自民党の山谷えり子氏は、日本と共同で調査活動に携わる中国政府や人民解放軍関係者による“ピンハネ”疑惑を追及した。

中国で武装解除された旧日本軍の残留兵器以外は世界で遺棄の例はなく、事実上「日本専用条項」となっている。


反日勢力を斬るさん

ボツダム宣言の「完全なる武装解除」条項に従って日本軍はすべての武器をソ連と蒋介石軍に引き渡した。武器を引き渡した時点で、その所有権や管理権は相手に移ったのである

ジャーナリストの水間政憲氏が山形県の全国抑留者補償協議会の「シベリア史料館」で600冊の「旧日本軍兵器引継書」を発見した。
その引継明細書はすべて年月日、引継場所、関係者名、身分、署名、捺印が明記されている。

日本が敗戦後勝手に遺棄して兵を引き上げたかのようなイメージ作りで中国の言い分のお先棒をかついで中国にカネを与えようとするマスコミはまったく許せない。



第三國人さん http://housai.iza.ne.jp/blog/entry/464961/

 長崎県・対馬沖の日本海で五月三十一日から六月一日にかけて、日本の排他的経済水域(EEZ)内での違法操業の疑いがある韓国漁船が、立ち入り検査をしようとした日本の海上保安官二人を乗せたまま二時間にわたって逃走。現場海域では、捜査権をめぐり日韓の海上保安当局のにらみ合いが続いた。

 第七管区海上保安本部(北九州)によると、三十一日午後十一時半ごろ、対馬の北東約五十キロで、対馬海上保安部の巡視艇「たつぐも」が、アナゴ漁をする韓国漁船「シンプン」を発見。約十分後に停船させ保安官二人が立ち入り検査のために乗り込んだが、漁船は保安官を乗せたまま逃走した。

 国際法上の捜査権は日本側にあるとして、海保は漁業法違反(立ち入り検査忌避)での船長の現行犯逮捕と船体引き渡しを要求したが、韓国側は船長の身柄引き渡しを拒否

 現場海域では、漁船をはさんで両国の船が停泊した状態が二日未明現在も続いている。

clap

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/01/30 00:41 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<民主の迷惑度 | ホーム | <続報><靖国暴行事件>「これは個人の起こした偶発的事件」―中国大使館 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/249-be2ea811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |