FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
DV防止法というカルト
きち@石根さん http://ameblo.jp/disclo/entry-10064852392.html

しかし、DV法というのは恐ろしい。

家庭問題の相談に乗るフリをして、
主婦に夫婦間問題を聞きだし、
そこにさりげなく

口論の際にほっぺをぶたれた

なんていう話が出てくれば

一発アウトです。

まぁ、キャッチセールスみたいなもんで
そのままDV被害者シェルターというなの監獄につれていかれて
壷売りカルトよろしく

あなたはだんなに騙されている
とやるわけです。

運が悪ければ、
ご家族と再会できるのは、数ヵ月後、
法廷かどこかで対峙であります。

でこの気弱な相談者は
また新たなフェミソルジャーと化して
小さな暴力を血眼に探すわけです。

ゾンビの世界です

というわけで
のまりん先生はじめ、有志の方が動いておられます。

DV防止法犠牲家族支援の会
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin258.html


結局、DV防止法概念・運動というのも
根底には家族を解体して女性の社会進出とやらを
強引に進めようとする思想背景がありまして
現場で喚いている連中は煽られた単細胞にすぎない^^

もともと
家族崩壊工作というのは
コミンテルンが開発した手法と言われていますが
実際は負の産物として見つけ出した自らの汚点です。

国家生産力を向上させるため、女性解放を名目に
女性の労働力化を促進させようとしたら
家族が崩壊して、社会基盤がぐらついて、
逆に国力衰退を加速
させてしまった・・・

そして、女性の社会参画で「国民総一致体制」を目論んだら
かえって国家体制が脆弱になってしまって
革命どころか、外患を呼び込む綻びをいくつも作ってしまった・・・
という失敗施策が「女性の社会参画」であります。

でその”失敗”を目の当たりにしたソビエトが考えたのが
「敵国にこの毒薬を仕込んで内部から衰退させる」
というものです。

で両輪の片割れ・・というより
俗耳に良い民主主義のスローガンは、すでに国是となりつつありますが^^
男女共同参画・・・

幼児の時から仕込まねばというわけで
カルトな民主主義潮流が蠢いております。

気持ち悪い話であります
clap
友達のお姉ちゃんが引っかかったカルトも
家族と引き離す手法使ってたなー・・・・・

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/01/16 02:55 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<バ韓国60頭の鯨を違法捕獲 | ホーム | 民主党の正体>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/235-d38dc7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |