FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
外国人地方参政権アンケートに対する国会議員の回答
国を憂い、われとわが身を甘やかすの記さん
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/447326/

永住外国人への地方参政権付与問題について、国会議員がどう考えているのかを紹介したいと思います。手元には、在日本大韓民国民団中央本部と、「定住外国人の地方参政権を実現させる日・韓・在日ネットワーク」とが昨年10月、国会議員を対象に実施したアンケート調査結果(77人回答)があります。一部、雑誌「SAPIO」に掲載されたものですが、フリーライターの三品純氏、ジャーナリストの西村幸祐氏、SAPIOの協力で手に入れたものです。

外国人地方参政権について「日本で実現しない理由は何だと思いますか?」という質問があり、これに対する各議員の答えが興味深いものでした。ざっと見た感じ、自民党議員の回答は少なく、公明党の外国人参政権実現に対する強い意欲が伝わってきます。全員分を載せるのはさすがにしんどいので、公明党と民主党を中心に適当にピックアップして報告します。国会議員のレベルというものがよく分かります

事実の部分のみ残しました、回答内容は国を憂い、われとわが身を甘やかすの記さんで見れます。
【衆院議員】(肩書き、敬称略)
 ■公明党
  ・石田祝稔 「」
  ・上田勇 「」
  ・斉藤鉄夫 「」
  ・田端正広 「」
  ・高木美智代 「」
 ■民主党
  ・赤松広隆 「」
  ・岩国哲人 「」
  ・大畠章宏 「」
  ・小宮山洋子 「」
  ・古賀一成 「」
  ・郡和子 「」
  ・仙谷由人 「」
  ・高井美穂 「」
  ・土肥隆一 「」
  ・中井ひろし 「」
  ・鳩山由紀夫 「民主党は『基本政策』に『定住外国人の地方参政権などを早急に実現する』と掲げて、これに基づき永住外国人に地方参政権を付与する法案を国会に提出しています」
  ・藤村修 「」
  ・村井宗明 「」
  ・柚木道義 「」
  ・横山北斗 「」

 【参院議員】(肩書き、敬称略)
 ■公明党
  ・魚住裕一郎 「」
  ・遠山清彦 「」
  ・松あきら 「」
 ■民主党
  ・江田五月 「」
  ・喜納昌吉 「」
  ・谷博之 「」
  ・辻泰弘 「」
  ・白真勲 「」
  ・林久美子 「」
  ・梁瀬進 「」
  ・柳田稔 「」
  ・山本孝史 「」
  ・行田邦子 「」
  ・川上義博 「」



きち@石根さん

「新テロ特措法」ですが、間もなく成立。
これでOK・・・と言いたいところですが
時すでに遅し

このインド洋給油というのは、「国際貢献」とか
「国際評価」な単なる外向きの価値の話ではありません。

インド洋給油・国際貢献に(言い方は悪いですが)便乗した
我が国の自前国防能力の構築にありました。

戦後初めて軍として米軍展開の一部に組み込まれたわけですが
これは米国承認の初めての実戦オペレーションであります。
(PKO、国際緊急援助隊業務は軍事展開ではない)

実戦とは、戦闘地域だけでなく、同時にその当該地の
地球の裏側までも情報機能を展開させる必要があります。

何も戦地でのドンパチだけではありません。
そのシミュレーションをインド洋展開によって構築していたのです。

で一度この展開を中断させてしまうと、
まず、実務上、二年は後戻りになります

つまり、自前国防力の確立をめざすにしても
今からでは、米民主党政権下において
その作業をしなければならない可能性が大であります。

そんなわけで、中断によって、
我が国は大きな機会を失ったかもしれない。

憲法9条を改正したからといって、
我が国国防力がすぐに機能するわけではありません。

少なくとも、シーレーン防衛という米軍サービスオプションが
今後確実に縮小化されていく中で、

大きな”機会”を失ったことになります

clap
これって・・・・スパイ防止法とか破防法適用にならないんですかね?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/01/11 22:36 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<福田首相はサミットでも栄誉礼拒否するのでしょうか? | ホーム | 安倍前首相、今後の政治活動について「日本に本格的な保守政治を根づかせるための捨て石となって粉骨砕>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/232-a47101ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |