FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
【軍事】迎撃ミサイル打ち上げ試験で韓国の参観を拒否
嫌韓のススメさん http://kenkan.iza.ne.jp/blog/entry/437931/

日本政府GJ!
仮想敵国に防衛の仕組みを見せては意味がないですものね。

自衛隊の目的は、日本を守ること、当然ですね。
日本を守るということは、日本に攻めてくる可能性のある国もしくは組織があるということです。
どこかといえば、支那・北朝鮮・韓国の特亜三国です。

アルカイダやタリバン等のテロリストの方が危険では?
なんて思う人が多いのかもしれません。
でも、それは間違いだと思ってます。
もちろん、テロリストですから危険であることは間違いありません。
そして、日本はそのテロリストから忌み嫌われる米国と
同盟関係を保っていますから、完璧に安全というわけではありません。
でもね、肝心なことを忘れています。
それは、彼らもイスラム教徒なのです。
(正確には、イスラム教原理主義なんですけどね)
で、日本ってイスラム教徒には決して嫌われてないんですよ。
むしろ、イスラム教圏の国って親日国が多かったりするんです。

イスラム教圏の国に自衛隊を派遣して、
一人の死者を出さずに返ってきたのは何故でしょう?


派遣を非戦闘地域に限ったということも大きいでしょう。
でも、それだけでテロリストから完全に身を守ることが、出来るはずもないですよね。
あれ程の装備をした米軍ですら死者を出しているわけです。
それに比べ、日本の自衛隊はあまりにも貧弱な装備でしたからね。
(ミサイルどころか、機関銃さえもダメでしたよね)
本来であれば、一番襲いやすかったはずなんです。
にも関わらず一人の死者も出さなかったのは、
親日な人が多かったということも理由の一つではあるのですが、
最大の理由としては、派遣された自衛隊が、
地元の人達の信頼を築いてから活動したことでしょう。
言葉で言う程、信頼を築くというのは簡単ではありません。
とても、ご苦労があったことであろうと思います。
でも、その苦労があって日本の自衛隊は、
地元からの信頼を得ることが出来ました。
一説によれば、地元の長老から「日本の自衛隊を襲うものは、厳罰に処す
と言ったようなおふれが出たとさえ言われています。
もちろん、これ程の信頼を得るには、自衛隊員のたゆまぬ努力があったとは言え、
最初から嫌われていたのであれば、いくら努力をしても
ここまでの信頼を得ることは出来なかったことでしょう。

自衛隊を肯定するような内容は、
日本では殆ど報道されませんので、
ご存じないかたも多いかと思いましたので、
長くなると思いつつ書かせていただきました。



何を勘違いしたのか分かりませんが、日本と韓国が同盟国なんて書いちゃってます。
えーと、どこが同盟国?
むしろ、敵性国家なんですが。
いつ、そんな条約をかわしたのでしょうか?
不思議なことを言うものですね。
日本と米国は、安保条約がありますから同盟国です。
米国と韓国は、条約の名前は知りませんが、
在韓米軍がいることからも、同盟国と言っていいでしょう。
まあ、何年か後に在韓米軍が撤退することは決まってますけどね。

米国と同盟を組んでいるはずの米国は何故、韓国の参観を要求しなかったのでしょう?

米国は自分達の主張を通すためなら、恫喝に近いことすらしてきますよね。
でも、この件で米国も動かなかったですよね。
ハッキリ言ってしまえば、韓国は日本からも米国からも嫌われているってことなんですけどね。
まあ、嫌われることをしている国が嫌われているだけですから、
当然と言えば、当然のことなんですけどね。

竹島を武力で占領し続けている国が、
日本と同盟国とは笑わせます
自分に言わせれば、韓国は不倶戴天の仇ではないか?と思う位ですよ、ホント。
こういう流れ、大事にして欲しいですね。


clap
初めて知りました・・・
この頃はまだTVを見ていた頃だと思います、
行く前に確か死にに行くような表現がされていた様に思います
何故そんな処に行くのか?
理解できる様な報道はされていなかったと思います・・・

活動についても水の事しか見なかった気がします・・・
何故水だけの事でそんなに日にちがかかるのか?
不思議に思っていたと思います・・・

一人の死者も出ず任務終了された時
あれだけ騒いでいたのは何だったのだろう?
よく解らずに過ぎた気がします・・・

小泉さんは嫌いになっていますが><

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/01/01 21:08 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【毎日新聞社説】日中双方に未来志向の相互理解を | ホーム | 【台湾】頭城鎮にある日本統治時代に亡くなった旧日本軍の「忠魂碑」、「子孫を台湾に招きたい」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/220-76517753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |