FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
中国”遺棄化学兵器”問題・利権のカラクリ-水間政憲氏に聞く
以下2005/5/31~2006/6/5に書かれた反日勢力を斬るさんの記事の一部です
反日勢力を斬るさん 
中国の遺棄化学兵器処理の禍根 http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/3953246.html
われわれの税金を中国に無限に流すルートができていた。
それが「遺棄化学兵器処理事業」だ。

村山富市、野中広務、加藤紘一、河野洋一らは謝罪外交を進め、北朝鮮に米を送るという愚行をしただけでなく、遺棄化学兵器処理でも一枚噛んでいた。

ボツダム宣言の「完全なる武装解除」条項に従って日本軍はすべての武器をソ連と蒋介石軍に引き渡した。武器を引き渡した時点で、その所有権や管理権は相手に移ったのである。


反日勢力を斬るさん
遺棄化学兵器処理事業の謎 http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/18974776.html

遺棄化学兵器の日本調査団の現地視察を中国が断ったという産経新聞の報道は事実でないと中国はクレームをつけたが、今朝の産経によれば、中国側は今も事業を認可していない。

化学兵器条約は発効後10年以内に廃棄事業を完了しなければならないことになっている。
しかし、すでに485億円を投入し8年が経過したにもかかわらず、一部の発掘・回収作業や周辺道路の整備しかやっておらず、本体事業には手をつけていない。

長引けば長引くほど、我々の税金は無制限に中国に流れ込む仕掛けだ


反日勢力を斬るさん
毒ガス処理に1兆円  http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/22160918.html

中国で武装解除された旧日本軍の残留兵器以外は世界で遺棄とされた例は無い

1兆円とも試算される中国の遺棄化学兵器処理事業。
それで済むならまだいい。
よく見れば、未来永劫中国にしゃぶり尽くされる構図が透けて見える
日本の国益を誰がまもるのか。

 この条約を1995年に批准したとき、日本の首相は村山富市社会党党首(当時)であり、外務大臣は河野洋平現衆議院議長でした。

サンフランシスコ講和条約を結んだ時点で、敗戦以前のことはすべてご破算なのです。それが平和条約の意味であり、条約以前のことに遡ってはいけない。日本は化学兵器を勝手に捨ててきたわけではありません。正式に引き渡してきたわけです

ある時期から日本に害をなした人がなぜか偉くなる傾向にあります。


反日勢力を斬るさん
遺棄化学兵器巻き返しなるか http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/27626371.html

中国から要求されたとき、河野洋平外務大臣(当時)は、遺棄化学兵器の推定埋蔵量、どの国がいつ遺棄したのか実態を調査もせずに、簡単にその要求を呑んでしまった。

その後、日本と中国の間の推定遺棄兵器の推定数に大幅な開きがみられ、そのうえ中国側は、道路などのインフラ整備だけでなく、大型発電装置、ヘリコプター発着地と、次から次へと要求をエスカレートし、その施設は将来、核実験の施設としても利用できるであろうという。

また、要員宿舎はプール付きの豪華版であるとか、森林伐採費も国際価格の数十倍ということも言われた。

日本を攻撃する核兵器の開発のために巨額なODAを感謝もされず中国に貢いだ日本政府は、どこまで腰抜けなのか。
裏では、国の治安を犠牲にして、キックバックなどで私腹を肥やした政治家たちが暗躍していたのだ。

安倍晋三官房長官が猪口邦子大臣の抑えに抜擢した山谷えりこ政務官が、正式に武器を引き渡したという資料があるか調査すると約束した

日本政府は平成12年以降、970億円を投じて中国国内の化学兵器の発掘、回収事業を実施。
事業総額は2,000億円以上に上るとみられている。


反日勢力を斬るさん
遺棄化学兵器は引き継がれていた http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/35741104.html

ジャーナリストの水間政憲氏が山形県の全国抑留者補償協議会の「シベリア史料館」で600冊の「旧日本軍兵器引継書」を発見した。
その引継明細書はすべて年月日、引継場所、関係者名、身分、署名、捺印が明記されている。


「それ(遺棄化学兵器に関する日中覚書)は中国へのODAが終了しても、中国が正当性を装って「カネ」を引き出す「政治カード」として、中国政府のシナリオに基づき、日本の外務省との「日中合作」で作られたものである。日本国外務省は、呼称を日本国害務省と変えていただきたい」


反日勢力を斬るさん
正論7月号斜め読み http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37138709.html

「発炎筒」は遺棄化学兵器の90%以上を占めるが、「発煙筒」は化学兵器禁止条約では化学兵器ではない

日本が敗戦後勝手に遺棄して兵を引き上げたかのようなイメージ作りで中国の言い分のお先棒をかついで中国にカネを与えようとするマスコミはまったく許せない。

バカをみるのは中国や国内の反日勢力の私腹を肥やすためにせっせと税金を納めている国民

clap

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/12/11 21:17 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<フジモリ元大統領無罪主張 | ホーム | 在日生活保護問題とは>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/193-cc4b911e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |