FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
中国人は中国人を信用しない
きち@石根さん http://ameblo.jp/disclo/entry-10056061251.html
■毛沢東も蒋介石も中国人を信用しなかった
中途半端な資金力の企業が対中投資するとこうなる・・・
中国政府ぐるみで日系企業乗っ取り?現地社長が8億円横領
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071118i101.htm?from=navr
(読売)

 中国・江蘇省昆山(こんざん)市淀山湖鎮(てんざんこちん)に進出している洋服メーカー「冨田(とみだ)」(愛知県一宮市)が、地元政府ぐるみの企業乗っ取りで業務を妨害されているとして、中央政府の商務省に救済を求める異例の直訴を行った。

~~

 こうした経緯からみて、一連の不正には政府関係者も関与している可能性が高いといい、同社は商務省に対し、「背景には土地などの公共財産を流用しようとする官民の癒着がある」と訴えている。


政府ぐるみで日系企業が乗っ取られたわけで、
これは中国では珍しい話ではありません。

私の会社のボスも、昔大手メーカーの役員をしていた時に中国担当でして。
その恐ろしいまでの盗人根性は、いくら契約を完全に施したところで
官の一存で如何様にもなるのでどうしようもない・・・
と身に染みた経験から、

我が社の社訓は
「中国と仕事をするな」
であります。

で盗人や契約反故は、共産国家の常でありますが
それでも万国共通の倫理観があります。
だから、一応「悪いことだ」という認識はある。

だから無茶苦茶でも言い訳はする。それがまた酷い。
こういう根性は永劫消滅しないのでしょう。

「 悪夢のような中国進出の実例 」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/archives/date/2006/12/21
(櫻井よしこ)

「通訳」というのも注意の必要な存在でして
形はどうあれ、現地まかせで用意してはいけない。

この通訳や現地コーディネーターというものからして
100%中国共産党の息がかかっていると思っていい。

こういうのが所謂美人局なんかもあてがうわけです。

だからいざとなると
段取りよく飛び道具が飛び出す

でどちらにしろ中国人を信用してはならないというのは
中国人自身の教訓でありまして、
蒋介石の戦後を見ればよくわかります。

■友人なら日本人にかぎる
国共内戦の旗色がおかしくなってから、
アメリカにも見捨てられた蒋介石は、
最後は日本人に頼ることになります。

誠に厚かましい限りでありますが
日本人の人情の厚さといいますか
乞われると断れない。

岡村元大将は極秘に富田直亮元少々はじめ精鋭数十人を組織。
共産党の紅団に対し白団と名づけられます。

その白団はその後の台湾国民党軍の建て直しにも
多大の貢献をするわけです。

そして、台湾を人民解放軍の「台湾解放計画」から救ったといわれる
金門島攻略戦
で不敗の共産党軍を破ったのが
これまた蒋介石に請われて国民党軍参謀として極秘参加していた
根本博元中将であります。

蒋介石は、とにかく友人に裏切られ続けました。
友人と言うのはもちろん「中国人」同胞です。

忠実であるはずの将校にも裏切られ、
「中国の友人とはもっとも危険な存在である」

というのは、蒋介石、毛沢東に限らず
為政に携わる中国人の共通する思いであるといっても過言ではない。

で最後の最後にまた日本人に頼るわけです。

蒋介石自身、
「日本人はその全てが実直・信頼できるといっても言い過ぎではない」
などと言っていたのですが
それでいて、当初台湾統治において反日施策をするわけで
シナ人というのは本当によくわかりません^^

参考 小笠原清 「蒋介石を救った日本将校団」


clap
それでも中国から輸入続ける企業って?
どこだろ~^^

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/11/19 18:28 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<中国ガン村死亡日記:爆発が相次ぐ環境汚染の爆弾 | ホーム | 日本人が台湾人にお返しの組曲作ってみた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/175-ed93608d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |