FC2ブログ

FLASH素材-Satisfy Desire
対テロ・・・国際感覚とのずれ■時すでに遅し・・とならないように
きち@石根さん http://ameblo.jp/disclo/entry-10055133682.html

中断という結果を意識してもたらそうとする
親中派議員などの慎重意見が強かったことも背景にあります。

中断・再開と継続延長の雲泥の差とはなにか?

西村眞悟先生の月刊日本論文をへっぽこ時事放談さんから

インド洋における給油活動の戦略的意義
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-351.html
(新・へっぽこ時事放談さん)
さらに、インド洋での給油活動の戦略的意義について、西村眞悟氏(衆議院議員) が『月刊日本』10月号に書かれた論文より引用します。

・・・テロ特措法延長問題に関して、インド洋における我が自衛艦の洋上補給活動を、海洋における我が国の戦略的活動と捉える議論は少なく、ガソリンスタンドの運用経費と営業成績を点検するというようなレベルの議論をしている。我が国はインド洋でユニークなガソリンスタンドを経営しているのではない。

また、この夏の(安倍)総理大臣のインドネシアからインド、マレーシア訪問をみて大東亜戦争における南方作戦を思い起こした日本人は何人いるだろうか。この「前人未到の大戦争」を記憶に定着させておれば、ほとんどの日本人は、これが「戦略ルート」であることが分かったと思う。この自衛艦が通過し総理一行が訪問したこのルートこそ、我が国の存立に係わるルートなのだ

シーレーン防衛というのは、あくまで日米安保の「サービスオプション」であって
米国が片務的に提供するものではありません。

ましてや、対テロ有志連合国が、海上給油という重要オペレーションを中断する我が国の
シーレーンを防衛する義務はなにもありません。

そして、今回の中断で後退する情報収集への影響ですが

海自の給油活動撤退 情報収集面の影響は不可避
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071102/amr0711020053000-n1.htm
(産経)
 タンパには約60カ国以上が連絡官を派遣し、「有志連合村」と呼ばれる建物に入っている。そこでは毎日のように米軍が、イラク、アフガンでの活動に参加するそれぞれの国々に対し、軍事作戦や現地情報を逐一詳しく説明している。国防総省でも「有志連合」諸国の駐在武官らに、定期的に情報提供をしてきた。

 撤収が一時的である場合は、米軍が引き続き日本も情報提供の「仲間」に加える可能性はあるものの中断が長引いた場合は徐々に情報提供の輪から外していくことも想定される

個々のオペレーションにおいて、具体的な共同関係に無い場合は
同盟関係にあっても情報は共有出来ないというのが
そもそもの軍事行動の原則でありまして
「同盟関係にあるのだから」というのはまさしく平和ボケであります

で、CIAを例にあげますと

CIAというのは、そもそも、極東で展開する情報網と
中東で展開する情報網は組織自体が違うのでありまして

日本国内でCIAとの連携があるからといって
中東のCIAの情報を共有できるわけではありません。

またパキスタン、サウジ等の情報機関、イスラエルの情報機関、
そういったものとの情報共有というのは
外交によってなされるものでして、
安倍中東歴訪の背景にはそういった水面下外交もあったわけです。

なにしろ我が国は自前の情報機関がありません

石油輸入依存度の高い我が国において、中東情報の副次的獲得は
非常に重要な要素になっているのです


ただし、それは、対テロ戦におけるポジションにより獲得していただけで
バーター原則の軍事外交においては、オペレーションから外れた立場では
中断によってすべて途絶えます。


一度中断するという「前科」は長く尾を引きます。


再開を成し得たとしても、その前科は関係国からすると大きな不安となります




現実的な活動再開にも日数はかかるでしょうし、
情報を含めた関係回復には、福田政権における中東外交施策が必要です。


つまり、どんなに急いでも、この六年間で築いた体制を元に戻すには
半年やそこらでは足りません



その間に中共がどのような面白いことをしてくるか、
台湾、北朝鮮関係含めて、表に出ない大変化がおこるでしょう^^

clap
日本アンチキムチ団さんが指摘されていた300円台もありそうですね><車ノラナイケド

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/11/12 23:03 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【中国】昼食のスープで6人死亡 | ホーム | ”ないちゃー”の沖縄レポート>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usakaze.blog110.fc2.com/tb.php/163-6ca01cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |